やる気がでないとか仕事がおもんないとか明日が不安とか思ったときに頼りたいもの

Standard
やる気がでないとか仕事がおもんないとか明日が不安とか思ったときに頼りたいもの

弱音を吐けば明日が変わるのか。
ノー。
 
グチを言えばどっかからやる気が噴き出してくるのか。
ノー。
 
周りの環境を嘆けばそれは改善されるのか。
ノー。
 
 
アクセル踏めるのは自分しかいないんだと思います。
まーそんなことわかってるけど何か拠りどころ的なものが欲しいとき、ボクはこんなんに頼ります。
 
 
Getting Real
Ruby on Rails を開発した37signalsの本(?)ムダが多すぎる毎日をアホなんだなーと思える。いろんな言語に訳されてます。
Getting Real(日本語訳)
 
 
 

20代のうちに読んどけばいい感じに力抜けそう。あそっか。みんなを驚かしてやればよかったのか。
 
 
 

何回読むねんこれしかし。
 
 
 
GoTheDistance
言葉が胸につきささる投稿がたくさん。
 
 
 

才能って憧れる。どこまでもついていきたいよ、夏美ちゃん。
 
 
 
脱エンタープライズ志向
動いてる人はたくさんいる。勉強会参加してみたいな。
 
 
 
会津若松市ホームページ
死ぬほどクソな現状を変えてやった人たちもいる。
 
 
 
 
 
  
最近おっさん化してきたので、こんなんみただけですぐノドの奥らへんが熱くなります。1年後には毎日がおもろいと思えますように!
 
 
 
 
P.S.
家のデスクトップがいきなりBIOSが起動しなくなりました。メモリを空いてるスロットに挿したら起動したんだけど、いきなりスロットだけ壊れるとかあり得るの?

ヒメアノール

Standard
ヒメアノール

「優勝したら、先生のおっぱい見せてあげる」っていうのは職場でもつかえるんじゃないだろうか。業績の評価っていうオブラートに包まれた不確定な未来、評価自体適正におこなわれているのかもわからない年2回の賞与なんかより、うすいブラウスに包まれて確実に目の前にある2つの物体の方がはるかにモチベーションあがる。ミーティングの度にものすごい目で見てしまいそうだけど。
 
どうも、中学生パワー健在のボクです。
 
 
フラっと近所の本屋に行って古谷実のマンガを買ってきました。
 

Cover image is not found
amazon.co.jpで詳細情報を見る



 
何の変化もない毎日をなんとか変えないとと焦っているやつが主人公で、まえ読んだ「わにとかげぎす」にテーマは似てるんだけど、こっちも展開が吹っ飛んでておもしろいかったです。古谷実の脳みそもそうとう中学生要素を残してるなと思います。人物がなんかのリアクションとるときの表情がいつも一緒でいつもウケます。ていうか古谷実が描く人物像は友人のクニヒロくんとすごい重なるなー。ピュアに自己中心な感じが。「ヒメアノール」だと安藤が似てる。
 
Cover image is not found
amazon.co.jpで詳細情報を見る



 
 
P.S.
ボクが日テレのプロデューサーに任命されたら、24時間テレビのテーマを「おっぱいは地球を救う」に変えたいと思います。
 
 

Technorati Tags: