Eruption

Standard
Eruption

ヒマすぎて、あ、ちげっ、GANBAN-NIGHTでStereo Tennisのプレイをみて触発されたので、映像的なものを作ってみました。

・素材
曲:Eruption(80kidz Remix)
動画:自分で描いたのと拾い物いっぱい

・ツール
windowsデフォルト装備のうぃんどうずむーびーめいかー

GIMP

<a href=”http://www.nicovideo.jp/watch/sm5080630″ mce_href=”http://www.nicovideo.jp/watch/sm5080630″>【ニコニコ動画】Eruptionでエイゾウ的なものを作ってみたよ</a>

なにげ3日ぐらいかかったよwそして途中からネタ切れしまくってひねりなくなったよ。。
ダメだししてくださいww
 
 
 
 
追記(2008/10/30)
びっくりするぐらいの早さで削除されましたww
こっちで↓↓↓↓

 
 
パスワードは↓↓↓
bugcloud.com
 
 
怒られたらソッコー消しますw
 
 
 
ぴーえす
ほんとはもう一個の方のリミックスで作ってたつもりだったんですが。。終わり方がキレ悪くてすいません。。w
 
 

Technorati Tags: , ,

GANBATTAYO-NIGHT

Standard
GANBATTAYO-NIGHT

ディスコ、ディスコディスコ♪
 
あ、こんばんわしづかみ。ワタシです。
 
 
  

GANBAN-KAIJO

  
昨日行ってきましたよ、GANBAN-NIGHT。レポート書く前に、GANBAN-NIGHTのオフィシャルサイトがすごいかっこいいつばってん。すごい単純な作りなのに、いちいちかっこいい。かっこいいものを感じとるセンスってやっぱり必要なのか。。自分に足りないものです、すごく。
 
 
ということで、幕張と言えばおなじみのKJが車を出してくれたので、いつものデニーズに駐車。腹ごしらえをして開演10分前にメッセ到着です。1発目は80kidzでいきなりイケるっしょーとか言ってたら、うわっ。。めっちゃ並んでる。。結局入場に20分ぐらいかかって、入ったら80kidz始まってました。。。。入り口2個にしてくれるだけで確実間に合ったのに。。
 
でもそんな気分を一瞬で80kidzは飛ばしてくれました。やっぱ天才なんじゃないかと。日本が生んだ天才は上野康平と80kidzぐらいじゃないでしょうか。80kidzのどこが好きかと言われると、サビに入る直前が好きです。なんかこう階段をいっちゃん下から一番上まで駆け上って飛び出す的な感じ?あの瞬間のおまたヒュンッっていう感覚ったらないです。あと、MAYUねーさんがコテンコテンにかわいかったです。あんね、女の子はね、冬はチェックのタイツはいた方がいいよ!赤の!
  
 
そっからBUSY P,VITALIC,JUSTICE,BOYS NOIZE(タッキュウさんは眠くて撤退してしまいました、ごめんなさいチュパチュパ)のメインステージ連打!やっぱBOYS NOIZE好きっす!ダイヤモンド鉄板っす!だーんすだーんすだーんす、ぴょろぉぉ♪みたいなねっ。あとBUSY Pがめっちゃふざけててかわいかったです。他のアーティストがやってる間ステージ上にずっといて、最前列のお客さん達とひたすら乾杯してました。しかもスラッと長身っていうね。鉄板モテ男やないかーい(髭男爵) BUSY Pを意識してチェックのキャップとシャツ買おっと。
 
 
で、ボクとKJの間でのMVPオブGAN-BAN NIGHT ’08が、VJのStereo Tennis!!!すごいオシャレな感じの映像の合間合間にイカした映像を差し込んでくるんですよね。ドラえもんとか相撲の立ち合いとか、のいるこいる師匠とか。どんだけシュールの天才だと思って、帰って調べてびっくりしました。女の子やないかーい(髭男爵)(←最近一押し)
いや、まさかっす、ホント。女の子がアレ作ってるとは思わなかった。。天才じゃん。。。。。。友達なりてーーw DATA80て人とかのPVも手がけられてました。モロハウスw今回のGANBAN-NIGHTでリアルにハウスのステップをこっそり練習しようと思いました。明日ココロットのTSUTAYAで借りよ。
 
 

 
 
GANBAN-NIGHT行ってきたら、どこをどう間違ってもクリエイターじゃない自分がちょっと悲しくなりました。勉強とか努力でどうしようもできないことってたくさんあるよね。当面の趣味はサイダネ探しに決定です。
 
 
 

Cover image is not found
amazon.co.jpで詳細情報を見る



 
 

Technorati Tags: , ,

3 dimensions

Standard
3 dimensions

今日仕事中にちょっと探し物をしてたら、
 
Antisocial: a Javascript demo by Gasman
 
canvas

canvas

 
 
↑ こんなの見つけました。JavaScriptで3D空間を表現しています。
世の中、天才だらけですね。とりあえずロンゲにしてちょんまげにするところから初めてみようかな。
 
 
全然話違いますが、この曲も鳥肌なおらなくなるぐらい神技ですね。
 

 
 
パスワード:ブログ名のgTLD抜き
       (アルファベットで”バグクラウド”)
↑ 要求されたときはコレで。
 
 
 

Technorati Tags: , ,

spin

Standard
spin

とうとうGANBAN-NIGHTまで1週間を切りました。
昨日お友達のKJに80kidzのCD借りました。やばいっすね。ライス大盛り2杯は生けますね。どうやら当日は80kidzとDEXPISTOLSがかぶっているらしく、なやみどころです。個人的に日本人でトップクラスに大好きなのでどっちもみたい。この際コラボってくれたらいいのにとか思っている今日この頃です。
 
 
こないだ予告したとおり、山田悠介氏のスピンをこないだ読み終えました。ネットで知り合った少年達が同時多発バスジャックを計画し、それぞれが東京タワーを目指す。6つの物語が同時進行し、東京タワーに到着した少年らを待っていたものとは・・・・?っていう感じの内容です。リアルさを追求されているのか、実際こういうニュースありそうっていうと感じました。鳥肌ポイントもいくつかありました。終わり方がなんとなくせつなくなってしまう話で、秋の夜長に一人で読むと人恋しくなるかもwリアルな話が好きな方は読んでみてはいかがでしょうか。
 
 
 

Cover image is not found
amazon.co.jpで詳細情報を見る



 
 
 
なんか最近は毎日に刺激の足りなさを感じているような、いまいちもの足りないような、何していいかわからないような、そんな気持ちであふれかえっております。ガチでflashを勉強しはじめようかと思い始めてすらいます。仕事でほぼ間違いなく使わないのでアレなんですが、不況に強い風俗業界のホームページとか見てるとやっぱ需要あるのかなって気になってきます。その分供給側も多いのかな。。来月辺りに12月のボーナスに期待してカードで買ってみようかな。
 
 
話はまったく変わって、こないだ小・中一緒だった友達から中学卒業以来ぐらいに電話がかかってきて、結婚するらしいです。なんか地元残ってる人達はガンガン結婚してくなー。なんだかんだ結婚できるだけの蓄えがあるっつーのがすげーなー。ちゃんとしてるよ、みんな意外と。どこで道をそれていったんだね、わたしはwボクの小学校はそれはもう、ものっすごい田舎にあって、ボクが小学4年生のときにちょっと離れた小学校と合併しました。最後の在校生は全校生徒9人でした。んで、その結婚する友達っていうのは、ボクと二人だけの同級生でした。小学校の頃とかホント毎日一緒に遊んでて、ばーちゃんの杖とかで野球をよくやってた気がします。ボクは小さい頃から臆病でトイレに行くのが怖くて、「ウチのトイレからとなりの犬が見えるばい」とか、何かと理由をつけてよくついて来てもらってました。中学に入って、2人きりで遊ぶことがほとんどなくなってから、なんとなく変な空気になって2人っきりだと全然しゃべらなくなりました。今思うとなんなのかわかりませんが、、、とがってたのかなwwまーそんな感じでマックス多感な時代を一緒に過ごした友達がまた一人結婚して自分の家庭を作っていくわけですね。幸せになってもらいたいものっす!なんとか帰って結婚式でれるようにしてみます。
 
幸あれっす! 
 
 
 

Technorati Tags: , , ,

Trickster

Standard
Trickster

2年ぐらい育てていたサボテンにカビが生えていました。たまーにお茶とかをあげてるだけで全然生きてたのに、突然の訃報でココロが痛みました。
 
 
さーて、来週のサザエさんはっ!あーっと、間違ったー。今日は最近毎朝通勤中に呼んでいた本が読み終わったので感想でも書きたいと思います。貫井徳朗氏の「悪党たちは千里を走る」です。
 
 
 
 

Cover image is not found
amazon.co.jpで詳細情報を見る



 
 
 
 
優しい詐欺師と美人の詐欺師と子供の詐欺師と舎弟の詐欺師の話なんですが、なんとなくココロットのTSUTAYAで手にとったこの本、かなりおもしろくて一気に読んでしまいました。ちょっと本に集中しすぎて、一回会社がある駅を乗り過ごしたぐらいです。解説や自身のホームページにも書かれていますが、「貫井徳郎の作品は重くて辛い」という印象が強く残るものが多いそうですが、この「悪党たちは千里を走る」に関してはまったく例外というか、新天地なのでしょうか。とても軽快で、要所要所でポッみたいな描写が多いです。ほほえましい気持ちというかなんというか、”ポ”です。そしてなによりもボクにヒットしたのは、その展開のテンポ的なものです。きっとみんな自分の心地いいテンポってのを持ってると思いますが、ボクは完全にココでした。行き詰る感じがないっていうか、サックサクっていうか、ガラッガラに空いた中原街道っていうか。駆け抜ける感じの小説は何度も読んだことありますが、それとも違ってよかったです。トリックもすごい考えられてて、ほーってなる部分が多いと思います。15年前では絶対想像もできなかっただろうトリックですね。これが頭に残ってたせいで完全犯罪を企てる夢を見ました。。まっとうに生きていてもワーキングプア止まりな世の中。人を傷付けない詐欺師っていう生き方はすごく憧れる気がします。
 
 
 
明日からは山田悠介氏の「スピン」を読んでいきます。
 
Cover image is not found
amazon.co.jpで詳細情報を見る



 
 
 

Technorati Tags: , ,